GB250クラブマンの買取相場【1型~5型までの全査定目安】

GB250クラブマン

GB250クラブマンの2020年最新買取相場情報をお伝えしていきます!

クラブマンは型式によっても買取額は変わります。

全般的に10万円以下になることが多いですが、後期モデルだと10万円を超える買取も普通にあります。

ここ最近のGB250の買取目安がいくらくらいか詳しくお伝えしてまいります。

 

 

GB250クラブマンの買取相場

GB250クラブマン

GB250クラブマン
中古買取相場:5~10万円
上限価格目安:15万円

GB250クラブマンの特徴

GB250クラブマン対応年式:1983~1999年
1型:1983年~/2型:1987年~/3型:1988年~/4型:1989年~/5型:1995年~
CBX250RSのエンジンとフレームをベースに、クラシカルなイメージで作れられたバイクがGB250クラブマンになります。
⇒1983~1999年までの間に4回もの大きなモデルチェンジを行い、80年代・90年代の代表するクラシカルバイクになりました。

GB250クラブマン中古買取査定目安表

GB250クラブマンの個別買取価格目安表を作りました。7台分の相場情報になりますが、参考価格確認にどうぞご覧ください。
年式走行距離査定目安(円)
不明18000km1型・MC106万
198732200km2型・MC107万
不明8500km3型・MC107万
199313100km4型・MC1011万
19934400km4型・MC1012万
199528600km5型・MC1011万
199522200km5型・MC1013万

GB250クラブマンの中古買取相場の価格現状としては5万円~10万円がここ最近の価格目安の現状となっています。

クラシカルでバイクらしいスタイルのGB250クラブマンを求めるファンも多いのですが、車両自体が大変古く状態がやや悪いものも多いため、コアなファンの方にはウケるのですが、万人うけには今一つといった感じなようです。

全体的に言うと1型~3型までの買取が特に安めで、4型・5型の買取が高めになる傾向なようです。

特に5型のGB250クラブマン最終モデルの状態の良いものは15万円前後の買取になる場合もありそうです。

 

 

愛車の無料見積りチェックはこちら

 

 

GB250クラブマンのお店の販売価格(中古購入目安)

ちなみに中古で買うとこのくらいの価格

GB250クラブマン
中古販売相場(お店の値段)
⇒12~30万円程度

GB250クラブマンは歴史の古いバイクで、同じクラブマンでも1983~1999年まで販売してきている中で、年式・型式によっても価格は変動しています。

上記の買取目安参考表をみてもわかるのですが、1型~3型までの1983~1988年に生産された車両については比較的価格は低くなる傾向にあります。

4型・5型については、1989年~1999年までの後半90年代に生産されたもので、新しいバイクの装備と昔のクラシカルな見た目が連動して作られた感じもあり、性能もよく、見た目もよいことで人気があります。

4型・5型のクラブマンがとくに高い中古相場となっています

 

GB250クラブマンを高く買い取ってくれる買取店

GB250クラブマンが高く売れるお店探し

愛車の査定価格を下調べして高いところに売るのがいい

GB250クラブマンを高く売るための買取店探しについてですが、一番損せずに高く売る方法としては、全バイク店に査定をお願いしてそれぞれの査定結果を比較して一番高いところで売るのが理想的な高く売れる買取店探しです。

ただ全バイク店となるとたくさんありすぎてバイク店を回るのにも時間がかかりますし、一つ一つ査定をお願いする中でその都度断るのも気持ち的にも苦になるように思います。

そこで私からおすすめなのは、ネット査定による買取店探しです。

おすすめ理由としては、ネットでの査定は無料でできますし、査定価格が希望のものでなくても査定スタッフに面と向かって断る必要もありません。

バイクの詳細入力をして、査定依頼送信のボタンをポンと押すだけでかんたんに査定見積りができてしまいます。

査定結果が気に入った金額であればそこで売ってしまえばいいし、微妙なら別のネット査定業者にボタン一つで依頼をするといいかと思います。

 

査定金額確認はどこのネット業者に頼むのがいいの?

バイクのネット査定ができる買取店はたくさんあります。

「バイク王」「バイクランド」「バイクワン」「バイクBOON」「バイクブロス」・・・

全国規模でやっているところから小規模のところまでいろいろな業者があります。

おすすめなのは、全国規模で大きいところが、ネット査定見積や出張買取査定などが無料でできるのでいいと思います。

 

大手のバイク買取お試し査定はこちら

 

 

GB250クラブマンの型式別の特徴紹介(各型の違い)

GB250クラブマン1型の特徴(1983年)

GB250クラブマン1型・初期

  • 左右2本出しマフラー
  • デュアルインテークキャブレター(ツインキャブ)
  • 17L燃料タンク
  • ウィンカーが角形(四角)

GB250クラブマン1型の特徴は何と言っても、左右2本出しマフラー・17Lタンク・ツインキャブです。

全体改造していたらわからないかもしれませんが、プチカスタムであったり、ノーマルの状態ならすぐ1型と判別がつきます。

 

GB250クラブマン2型の特徴(1型との違い)1987年

GB250クラブマン2型

  • マフラー2in1の右側1本出しへ変更
  • フロントディスクローターの大径化(27.6cm)
  • 負圧シングルキャブレターへ変更
  • 15L燃料タンク(以降のモデルはすべて15L。1型のみが17L)
  • シート高が75.5cmへ変更(1型は78cm)
  • ウィンカーが丸型へ変更
  • フレーム強化
  • 前後ホイールをバフ仕上げ
  • チェーンケースをクロームメッキ化
  • メーターの文字盤がホワイトに。

GB250クラブマン2型は1型と比べるとマフラー・タンク・ディスクローター・キャブといった感じで違いが多く、すぐ見分けがつきますが、2型以降の3型とか4型と比べると違いが少しわかりにくいかもしれません。

一目でわかる2型の特徴としては、「タンクのデザインがHONDAの文字でHONDAの羽が描かれているもの」「シングルキャブ」この2つの確認ができたら2型と見て間違いないでしょう。

 

GB250クラブマン3型の特徴(2型との違い)1988年

GB250クラブマン3型

  • タンクの文字CLUBMANがメインに。HONDAの文字は小さい。
  • クラッチ板の材質素材変更
  • ヘッドライトが樹脂製レンズに変更
  • ハンドルの角度がかわりやや手前に変更
  • バックミラー・ステップホルダーの変更。

GB250クラブマン3型は一番これまでのクラブマンの中でも変更点が少なく違いがわかりにくいように思います。

ただ一つ3型の特徴としてパッと見分けのつく方法として、タンクの文字がCLUBMANという大きな表記になっていることです。

タンクに大きくCLUBMANと書かれていたら基本3型と思ってもいいように思います。

 

GB250クラブマン4型の特徴(3型との違い)1989年

GB250クラブマン4型

(4型の前期)1989年

  • 燃料タンクの形状変更(容量は変わってないもののボリューム感増)
  • サイドカバー形状変更
  • シートカウルに小物入れを搭載
  • サブヘルメットホルダー搭載
  • メンテナンスフリーバッテリー密閉型に変更
  • チェンジ・ブレーキペダルの変更

 

(4型の後期)1993年

  • カラーリングの変更
  • サイドカバーに立体エンブレム

※1992年にはフレームやタンクなどが真っ赤にカラーリングされたモデルが限定登場

GB250クラブマン4型の特徴は何と言っても、タンクの形状が変わったことです。

15Lのタンク容量でこれまでと変わってはいないのですが、見た目的にも大きくなったように見えます。タンクのロゴもHONDAという文字がシンプルに書いてあるのも判別できる基準になるかと思います。

 

GB250クラブマン5型の特徴(4型との違い)1995年

GB250クラブマン

(5型の前期)1995年

  • 新タイプのツートーンカラー
  • タンクデザインが大きな文字ではなく丸型エンブレムに。
  • シートカウルが無くなりダブルシートに。
  • シート変更に伴い小物入れの形状変更(小さくコンパクトに)
  • 前後フェンダーがクロームメッキ製へ変更
  • メッキ仕上げの独立型テールライトブラケットを装備
  • ハンドルが新しいコンチネンタルタイプに変更

 

(5型の後期)1997年

  • タンクカラーリングの変更
  • エンブレムカラーの変更(背景が赤色)

GB250クラブマン5型はこれまでのモデルの中でも外装周りの見た目が大きく変わったので、カスタムしてなければ一目で違いがよくわかります。

タンク自体に丸型エンブレムでシートカウルなしのダブルシートだったら5型と見てよいでしょう。最終モデルの5型後期についてはタンクの丸型エンブレムの背景が赤色だったら後期とみてよいでしょう。

 

GB250クラブマンのスペック・特徴詳細情報(5型・1995年)

GB250クラブマンのスペック・特徴確認情報もまとめておきました。

1995年モデルのGB250クラブマン基本スペック

スペック情報
型式MC10
シート高75.5cm
車両重量146kg
エンジン・冷却方式空冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジン
最大馬力30PS(9000rpm)
最大トルク2.5kgf・m(7500rpm)
燃料タンク15L
燃料供給方式キャブレター
動力駆動方式チェーン
チェンジ(変速)リターン6速
ブレーキ(前)ディスク
ブレーキ(後)ドラム

 

クラシカルで個性的な乗り味が楽しめるバイク!

GB250クラブマンは1983年~1999年にかけて1980年代・1990年代にホンダより生産販売されてきたバイクです。

特徴は何と言っても、クラシカルな見た目で個性的な乗り味が楽しめるバイクなところです。

GB250クラブマンは何度となくモデルチェンジを繰り返し、進化を遂げてきましたが、結果基本スタイルは変わりません。

オートバイらしいスタイルルックスで1960年代を思わせるクラシカルな雰囲気がどの年式でも再現されています。

見た目だけでも惚れ惚れしますが、走り自体も特徴があります。250cc単気筒のトットットッという鼓動・排気音を感じつつ、DOHC4バルブエンジンとなっており、単気筒とは思えないほど上の高回転が回るようになっています。

ゆっくりトコトコ走るのも楽しいし、いざというときはきりっとビィーーンと走りきることができる性格があります。

昔らしさの見た目がありつつ、新しいDOHCエンジン搭載で、見た目よし、走って良しのバイクがGB250クラブマンです。かっこいい!!

 

クラブマンとよく比較されるバイク

 

 

バイクが高く売れる買取店ランキング

バイク買取店・バイク買取優良業者ランキング

全国のバイク店で
高く買取してくれる店
無料ネット査定店
バイク買取業者ランキングをご紹介

© 2021 バイクの買取金額の最新目安をリアルに紹介!【バイカカク】