新型水冷レブル250(MC49)の買取相場【中古の売れる値段】

レブル(MC49)

新型レブル(水冷エンジン)の買取価格上限は30万円くらい

新型のレブル250(MC49型式・水冷単気筒エンジン)を売る場合いくらくらいの金額が見込めるのか買取相場をまとめました。

1980年代~1990年代にかけて生産されていた同じ前のレブルとは全く違うバイクです。(昔のは空冷2気筒エンジン)

今回は新型水冷レブル250の買取相場情報を詳しくお伝えしていきます!

空冷の旧型レブルの相場はこちら

レブル250(MC13)
旧型レブルの買取相場【REBELMC13型・空冷2気筒モデル】

 

 

新型水冷レブル250の買取相場

レブル(MC49)

水冷レブル250
中古買取相場:
23~30万円
上限価格目安:30万円

水冷レブルの特徴

水冷レブル対応年式:2017年~
新型のレブルは水冷の単気筒エンジン搭載のアメリカン。

新型レブル250は2017年より生産販売されたばかりの新しいバイクになり、買取査定も非常に高いです。

どれくらい乗っているか、消耗しているか、傷ついているかで変わってはきますが、20万円以上は基本見込めそうです。

 

愛車の無料見積りチェックはこちら

 

 

新型レブル 2017年式の買取目安一覧

年式型式走行距離買取目安(円)
2017MC4910000km29.9万
2017MC4911000km23.9万
2017MC4913300km27万
2017MC4914300km21.9万

 

新型レブル高いですね。さすが現行モデル!

同じ名前の旧型レブルとは大違い、買取額高いです。

 

水冷の新型レブルの買取の現状目安としては20万円台以上は普通に見込めてきます。

 

現状としては一番古い車両でも2年前といった感じなので、買取額はかなり優遇されていると考えてよいです。

 

ただ今後2~3年も経てば、グっと買取額は下がる可能性もあるので注意は必要です。

 

予測でしかありませんが、5万くらいは全体的に下がってもおかしくないかもしれません。水冷レブルは今後の価格動向には注意しておきたい車両の一つです。

 

 

旧型レブルと新型レブルの違い

旧型と新型では全然レブルは違います。

見た目なども違いますが、一番の違いはエンジンです。

旧型は空冷の2気筒OHCエンジン。

新型は水冷の単気筒DOHCエンジン。

 

排気量のサイズが同じだけで、後はまったくの異なるバイクです。

 

250ccなのでそんなに速く走るバイクではありませんが、新型の方は速いです。軽快に走るイメージを想定したバイク。

旧型の方はゆっくり走るのが当たり前、そんなイメージをもっておくと良いのではないかなと思います。

 

 

水冷レブルは20万を超える買取が見込めるバイク

価格まとめ

新型レブル250
2017年~。現行モデルでMC49型式
水冷単気筒DOHCエンジン

  • 買取相場目安
    230,000~300,000円
  • 買取額としては20万円以上は見込めるもよう。
同じ名前の昔のレブルについては、5万円前後くらいの買取になるので、同じレブルでも全然違うので間違えないように注意しましょう。

 

愛車の無料見積りチェックはこちら

 

 

水冷レブル250に関連が近いバイクの相場情報

 

 

バイクが高く売れる買取店ランキング

バイク買取店・バイク買取優良業者ランキング

全国のバイク店で
高く買取してくれる店
無料ネット査定店
バイク買取業者ランキングをご紹介

© 2021 バイクの買取金額の最新目安をリアルに紹介!【バイカカク】