スティード400(VLX)の買取相場と高く売れるお店について

スティード400VLX

スティード400の買取価格相場をまとめたページです。【2020最新情報】

スティード400(VLXモデル・NC26)の買取相場情報をお伝えしていきます!

この記事ではVLXモデルの買取価格の相場目安と高く売れるお店について解説していきます。

 

 

スティード400VLXの買取相場

最初に結論から・・・

スティード400VLX

スティード400VLX
中古買取相場:
5~10万円
上限価格目安:15万円

スティード400VLXの特徴

スティード400VLX対応年式:1990年~1998年
各仕様がある中の一番標準なスティードがVLXとなっています。通常スティード=VLXと考えればOK。

スティード400の買取相場は他のシリーズ全部含めても5~15万円程度の間で推移している感じです。

その中でもVLXでいえば5~10万円くらいの査定額になることをみておけば問題ないかと思います。

 

愛車の無料見積りチェックはこちら

 

 

 

 

スティード400(VLX・NC26)買取価格目安表

年式型式走行距離買取価格相場目安(円)
1995VLX・NC2616000km5万
1995VLX・NC2613000km9万
1997VLX・NC2620000km8万

 

スティード400VLXのお店の販売価格(中古購入目安)

ちなみに中古で買うとこのくらいの価格

スティード400VLX
中古販売相場(お店の値段)
⇒10~25万円程度

スティード400(VLX)を中古で買おうと思ったら10万円台中盤~後半くらいが多い。

1990年前後の国内アメリカンブームの火付け役となったスティードも今となっては買取価格・車両価格自体が落ちています。

人気がないから値段が低いというよりかは、スピードメーターから何から何までカスタムしている車両であったり、車体自体が何といっても古いということから値段自体はかなり低めです。

人気のバイクは古くなったらプレミアムがつくというのもありますが、国産アメリカンに至っては、古いアメリカンの値段が上がることはほとんどないため、スティード400VLXの買取価格は年々落ちています。

走り倒していたり、カスタム仕上げていたり、車体のサビや傷など状態が悪いようならあまり高値は期待しないほうがよいかもしれません。

 

 

スティード400VLX(NC26)を高く売るための秘訣!

スティード400VLXを1円でも高く売るためのおすすめポイントを3つほど紹介します。

①手入れをする!きれいにする!磨きあげる!

当たり前で怒られるかもしれませんが、スティード400VLXをきちんと手入れをしているかしていないかで査定・買取金額はけっこう変わります。

洗車・愛車磨きなどの手入れをきちんとして行っておくことで1万円くらい買取査定額が変わる場合も普通にあります。

 

②乗らないのなら場合は早く売るほうが高く売れる。

乗らないバイクは早く売った方がいい。早い方が高く売れる。それはなぜか?

理由は主に2つあります。1つは、バイクの市場価値が落ちていくこと。

生産を打ち切っているZ1などの旧車のプレミアバイクなら話は変わってくるかもしれませんが、そうでない場合は年々バイクの市場価値は落ちていきます。

前はあんなに査定も高かったのにということも普通にあります。1年経つだけでガラッと査定額が落ちる場合もあります。

 

2つ目は、バイクのパーツには劣化していくものが多いです。

色あせ~ゴムの劣化まで幅広く時間とともに劣化していき、交換が必要となるパーツとなり、それが買取額に影響してきます。

タイヤなんかもいい例です。乗ってなくても気づいたらタイヤにヒビが入ってきたりすると売り物としては必ず交換しないといけないので、その分買取額が安くなります。

屋外保管なら最低でもカバーくらいはしておかないと劣化のスピードは早くなります。

 

 

③交換パーツ(純正パーツ)を一緒に売るのが吉。

純正などの交換パーツがあるのなら一緒に売るほうがよいでしょう。

パーツ代そのまま買取額のプラスアルファにはならないかもしれませんが、基本的には買取額にプラスになります。

パーツを一緒にそろえて査定や買取してもらう中で思ったよりお金にならないなと思えば、オークションやフリーマーケットなどで自己販売してみてもよいかと思います。

 

 

スティード400VLXを高く売るにはどこのお店に売るのがいいのか?

最後にスティード400VLXを高く売るにはどこのお店・買取業者に売るのがいいものかをお伝えしておきます。

慣れしたんでいるバイク屋さんが特に身近にないとか、売ったら売ったで次買わないといけなくなりそうだから気まずいとかがあるのであればバイク買取業者に売ってみるのがおすすめです。

バイク買取業者は基本買取が専門なので、バイクを買うことは特にしなくていいので、売ることに専念できて安心です。

バイク買取業者にはいろいろ業者がありますが、大手がおすすめです。

大手のバイク買取業者は、まず無料というのが一番のメリットです。ネットでの査定依頼・出張買取など、査定~売るまでの流れにおいての費用をかけずにお願いすることができます。

また大手は買取した後のバイク転売などもしっかりしており、バイクを素早く新しい顧客へと流通させることで、在庫コストをかけることなく、買取額もその分頑張ってくれます。

※個人バイク店ほど在庫コストはかけがち。

 

大手のバイク買取お試し査定はこちら

 

 

スティード400(VLX・NC26)のスペック・詳細情報

スティード400
(VLX・NC26)
スペック紹介

スティード400VLX

スティード400VLX(NC26):1988年~2001年まで新車生産・製造
⇒ノーマルで走行少なく保管状態のよかったものほど買取も高い。

 

2001年モデルのスティード400VLX基本スペック

スペック情報
シート高67cm
車両重量215kg
エンジン・冷却方式水冷V型2気筒OHC3バルブ
最大馬力31PS(7500rpm)
最大トルク3.4kgf・m(6000rpm)
燃料タンク11L
燃料供給方式キャブレター
動力駆動方式チェーン
チェンジ(変速)リターン5速
ブレーキ(前)ディスク
ブレーキ(後)ドラム

スティードは1988年~2001年にかけていろんな仕様のモデル(VLX/VCL/VSE/VLS)4種類が発売されてきました。

スティードに詳しい方ならすぐこの違いがわかると思いますが、詳しくなかったらよくわからないと思います。VLXがいわゆるノーマルスティードになります。

※VLXモデル⇒1990~1997年まで標準でバックレストつき。あとちなみにVLXという名称は発売当時はついておらず、1995年のVCLが登場したときに区別するためにつけられたものとなります。

 

スティードVLX400のこれまでの歴史・現状人気度・プレミア度

現状人気:
プレミア度:

スティード400は1988年にホンダより生産販売されたバイクとなります。

アメリカンスタイルながらきびきびと走るスポーツバイクとして誕生しました。

ホンダの中でも初の本格的アメリカンであり、生産された当時は人気はそこまでではなかったが、1993年ころからの世間のアメリカンブームに乗っかりまたたくまに人気がでました。

当時は国産のアメリカンといえばスティードというイメージもあったものです。

1993年以降人気が出たスティードは仕様の変更したモデルを次々と出していき、最終的には4種類のスティード400となりました。他のモデルとわかりやすく区別をするために標準のスティードにもサブネームが付きました。それが「VLX」です。

1995年よりVLXという名称がつき、スティード400VLXとなりました。

1995年より前はサブネームはついていませんが、VLXと同じ型とみてよいかなと思います。

今となっては、ドラッグスターやシャドウ、またハーレーなどのアメリカンがたくさんあり、スティード400VLXの需要も減りつつはありますが、まだまだ人気はあります。

ノーマルで乗りたいという人もいますが、ガッツリカスタムして乗りこなしたいという方が多いのが特徴的なバイクがスティード400VLXかと思います。

 

スティード400に関連が近いバイクの相場情報

 

 

バイクが高く売れる買取店ランキング

バイク買取店・バイク買取優良業者ランキング

全国のバイク店で
高く買取してくれる店
無料ネット査定店
バイク買取業者ランキングをご紹介

© 2021 バイクの買取金額の最新目安をリアルに紹介!【バイカカク】