スティード400VLSの買取相場【スプリンガー仕様の査定目安】

スティード400VLS

スティード400VLSの上限買取価格は15万円くらい。

スティード400VLS(スプリンガーフロントフォーク)の買取相場情報をお伝えしていきます!

スプリンガー仕様のVLSは上限買取価格が15万円程度。

スティードの中ではもっとも人気があり値段が高いです。詳しく解説していきます。

 

 

スティード400VLSの買取相場

それでは最初に結論からお伝えしていきます。

スティード400VLS

スティード400VLS
中古買取相場:
5~12万円
上限価格目安:15万円

スティード400VLSの特徴

VLS仕様の年式:1998年~2001年式
他のスティードと比べて一目でわかる違いは?
VLS仕様の特徴:スプリンガーフロントフォーク・21インチフロントタイヤ
VLSモデルは2001年にて絶版車

スティード400VLSの中古買取相場の価格現状としては5万円~12万円程度になります。

スティードシリーズで一番買取が高い。

アメリカンの一時代を気づいたスティードの個性が強いスプリンガーフォークは今でも人気は健在ですが、車体の古さ・後発で生まれたシャドウやドラッグスターと比較すると買取価格は低くなります。

VLSスプリンガーフロントフォーク仕様は上限買取価格目安をみても15万円くらい。極上の状態だとこのくらいが見込める可能性があります。

 

愛車の無料見積りチェックはこちら

 

スティード400VLS中古買取価格目安表

続いて今度はもう少し詳しくVLSモデルの個別買取価格目安表を作りました。

年式車種名走行距離カラー買取価格相場目安(円)
1998VLS10000km8万
1998VLS18000km7万
2000VLS20100km11万

 

スティード400VLSのお店の販売価格(中古購入目安)

ちなみに中古で買うとこのくらいの価格

スティード400VLS
中古販売相場(お店の値段)
⇒15~35万円程度

スティード400VLSは一昔前は中古の販売相場も20万円台は当たり前で、30万円以上する車体も非常に多かったのですが、今では価格自体も下がってきており、VLSモデルも10万円台で普通に購入ができるアメリカンバイクとなってきました。

VLSの購入する金額が下がるともに、買取価格の値段相場も下がってきています。

ただそれでもスティードシリーズの中ではVLS型式のスプリンガーフロントフォークモデルは人気が高い方で、金額的には高いほうです。

 

スティード400VLS(スプリンガー)を少しでも高く売るための秘訣!

スティード400VLSを少しでも高く売るための秘訣。

①きれいにする!磨きあげる!

②乗らないのなら場合は早く売るほうが高く売れる。

③交換パーツ(純正パーツ)を一緒に売るのが吉。

④バイクは直さないほうがいい

 

きれいにすることの大切さ

スティード400VLSをきれいにしているかしていないかで査定・買取金額はけっこう変わります。

バイクをきれいにしておくことで1万円くらい買取査定額が変わる場合もあります。

 

乗らないのなら早く売るほうが高く売れる

バイクの市場価値が時間が経過するごとに落ちていきます。

プレミアがつきまくっている絶版車なら話は別ですが、そうでない場合はバイクの市場価値は時間が経つごとに落ちていきます。

前はあんなに査定も高かったのにということも普通にあります。1年経つだけでガラッと査定額が落ちる場合もあります。またバイクのパーツには劣化していきます。

色あせ~ゴムの劣化まで幅広く時間とともに劣化していき、交換が必要となるパーツとなり、それが買取額に影響してきます。

 

純正パーツはできるだけ一緒に売る

純正などの交換パーツがあるのなら一緒に売るほうがよいでしょう。

パーツ代そのまま買取額のプラスアルファにはならないかもしれませんが、基本的には買取額にプラスになります。

パーツを一緒にそろえて査定や買取してもらう中で思ったよりお金にならないなと思えば、オークションやフリーマーケットなどで自己販売してみてもよいかと思います。

 

 

スティード400VLSが高く売れる買取店

スティード400VLSを高く売るための買取店探しについてですが、一番損せずに高く売る方法としては、全バイク店に査定をお願いして一斉に比較して一番高いところで売るのが理想的な高く売れる買取店探しだと思います。

ただ全バイク店といっても県内を考えてもたくさんあって時間がかかりますし、一つ一つ査定をお願いする中でその都度断るのも苦になるように思います。

そこで私からおすすめなのは、ネット査定による買取店探しです。

ネットでの査定は無料でできますし、査定価格が希望のものでなくても面と向かって断る必要もありません。

バイクの詳細入力をして、査定依頼送信のボタンをポンと押すだけでかんたんに査定見積りができてしまいます。

査定結果が気に入った金額であればそこで売ってしまえばいいし、微妙なら別のネット査定業者にボタン一つで依頼をするといいかと思います。

 

査定確認はどこに頼むのがいいのか?

バイクのネット査定ができる買取店は今人気でたくさんあります。

「バイク王」「バイクランド」「バイクワン」「バイクBOON」「バイクブロス」・・・

全国規模でやっているところから小規模のところまでいろいろあります。

おすすめなのは、全国規模で大きいところが、ネット査定見積や出張買取査定などが無料でできるのでいいと思います。

 

大手のバイク買取お試し査定はこちら

 

 

スティード400VLSのスペック・特徴詳細情報

スティード400VLS
スペック紹介

スティード400VLS

スティード400VLSのスペック・特徴確認情報もまとめておきました。

 

 

1998年モデルのスティード400VLS基本スペック

スティード400VLS(スプリンガーフロントフォーク):1998年~2001年まで新車生産・製造

スペック情報
シート高65cm
車両重量223kg
エンジン・冷却方式水冷V型2気筒OHC3バルブ
最大馬力31PS(7500rpm)
最大トルク3.4kgf・m(5500rpm)
燃料タンク9.7L
燃料供給方式キャブレター
動力駆動方式チェーン
チェンジ(変速)リターン5速
ブレーキ(前)ディスク
ブレーキ(後)ドラム

 

 

VLSはスプリンガーフォークが特徴!クラシックスタイルが売りの中型アメリカン

スティード400VLSは1998年~2001年にかけて4年間ほど生産販売されたアメリカンバイクです。

スプリンガーフロントフォークでほかの国産アメリカンにはないスタイルで好きな人には好きという形で評価されていきました。

もっと人気が出てもよい車種だとは思いますが、1990年代後半からホンダのアメリカンはシャドウが主流になっていったことから、あっという間に生産は終息していきました。

大型のハーレーにもなればスプリンガーフロントフォークスタイルのバイクも数ありますが、国産ではほとんどありません。

400ccでスプリンガーに純正で乗りたいのならスティード400VLSはよいバイクだと思います。

400クラスでスプリンガーがないことと、4年間しか生産されていないことからプレミア度はやや高めといったところかなと思います。

 

スティードVLSに関連が近いバイクの相場情報

 

 

 

バイクが高く売れる買取店ランキング

バイク買取店・バイク買取優良業者ランキング

全国のバイク店で
高く買取してくれる店
無料ネット査定店
バイク買取業者ランキングをご紹介

© 2021 バイクの買取金額の最新目安をリアルに紹介!【バイカカク】