シャドウ400カスタム(NC45)の買取相場【2020査定目安】

シャドウ400カスタム

シャドウ400カスタムの買取価格上限は30万円くらい

ホンダアメリカン「シャドウ400カスタム(NC45)」の最新買取相場情報をお伝えしていきます!

NC45型式のシャドウ400カスタムの上限買取目安は30万円くらい。

詳しい買取価格の見込める相場をお伝えしていきます。

 

 

シャドウ400カスタムの買取相場

最初に結論から・・・

シャドウ400カスタム

シャドウ400カスタム
中古買取相場:
15~30万円
上限価格目安:30万円

シャドウ400カスタムの特徴

シャドウ400カスタム対応年式:2008年~2017年
シャドウスラッシャーの後継アメリカン。21インチフロントタイヤが特徴的。

シャドウ400カスタムはシャドウシリーズの中でも新しい後継モデルであり、高く売れるのが特徴的です。

バイク自体の状態にもよりますが、15~20万円台の買取査定額がつくことが見込めます。

とくに2015~2017年といった生産終息最後の3年間の買取は高いように思います。

 

愛車の無料見積りチェックはこちら

 

 

シャドウ400カスタム(NC45)買取価格目安表

年式型式走行距離カラー買取価格相場目安
2008NC452000km26万円
2009NC459000km黒/赤19万円
2011NC4516000km20万円

 

シャドウ400カスタムのお店の販売価格(中古購入目安)

ちなみに中古で買うとこのくらいの価格

シャドウ400カスタム
中古販売相場(お店の値段)
⇒30~55万円程度

シャドウ400カスタムの中古販売価格は40万円くらいがここ最近の現状です。

 

 

シャドウ400カスタムを高く売るためのポイント

シャドウ400カスタムを高く売るためのおすすめポイントを3つほど紹介します。

①手入れをする!きれいに磨く!

シャドウ400カスタムをきちんと手入れをしているかしていないかで査定・買取金額は変わります。

手入れを怠らずきちんとして行っておくことで1~2万円くらい買取査定額が変わる場合もあります。

高く売れるなら洗車など手入れをする方がお得です。

 

②乗らないのなら少しでも早く売るほうが高く売れる。

バイクを売るのなら早く売った方がいい。早い方が高く売れる。

バイクの市場価値が時間が経つごとに落ちていきます。

生産を打ち切っているZ1などの旧車の人気プレミアバイクなら話は変わってくるかもしれませんが、そうでない場合は年々バイクの市場価値は落ちていきます。

前はあんなに査定も高かったのにということも普通にあります。

1年経つだけでガラッと査定額が落ちる場合もあります。

またバイクのパーツは劣化していきます。

色あせ~ゴムの劣化まで幅広く時間とともに劣化していき、交換が必要となるパーツとなり、それが買取額に影響してきます。

タイヤなんかもいい例ですね。距離乗ってないのに、タイヤにヒビが入ってきたりすると売り物としては必ず交換しないといけないので、その分買取額が安くなります。

屋外保管なら最低でもカバーくらいはしておかないと劣化のスピードは早くなります。

 

③バイクは直さないほうがいい

バイクは直さないほうがお得です。特に新しく部品を調達して直すのは損になることが多いので注意しましょう。

バイク業者はパーツをすでに持っていたりすることもありますし、専門修理工場で格安修理を施すことができるので、バイク屋さんなどにわざわざ修理を依頼してから売ることはしないほうがよいでしょう。

バイクに関する知識が詳しくあり、直せるパーツなどの在庫があるのならやってもいいかもしれませんが。

 

 

高く売るためにはどこのお店・業者に頼むのがよい?

最後にシャドウ400カスタムを高く売るにはどこのお店・買取業者に売るのを頼むのがいいものかをお伝えしておきます。

慣れしたんだバイク屋さんが特になかったり、売ったら売ったで次買わないといけなくなりそうだから気まずいとかがあるのであればバイク買取業者に売ってみるのがおすすめです。

バイク買取業者は基本買取が専門なので、バイクを買うことは特にしなくていいので、売ることに専念できて安心です。

大手のバイク買取業者は、まず無料というのが一番のメリットです。ネットでの査定依頼・出張買取など、査定~売るまでの流れにおいての費用をかけずにお願いすることができます。

また大手は買取した後のバイク転売などもしっかりしており、バイクを素早く新しい顧客へと流通させることで、在庫コストをかけることなく、買取額もその分頑張ってくれます。

※個人バイク店ほど在庫コストはかけがち。

バイク買取業者にはいろいろ業者がありますが、大手がおすすめです。

 

 

大手のバイク買取お試し査定はこちら

 

 

シャドウ400カスタム(NC45)のスペック・詳細情報

シャドウ400カスタム(NC45)
スペック紹介

シャドウ400カスタム

シャドウ400カスタム:2008年~2017年まで新車生産・製造
⇒現在は新車はお店に在庫があるもののみ。
⇒よって新車に状態のものほど買取も高い。

 

 

2008年モデルのシャドウ400カスタム(NC45)基本スペック

スペック情報
シート高65cm
車両重量244kg
エンジン・冷却方式水冷V型2気筒OHC3バルブ
最大馬力31PS(7000rpm)
最大トルク3.4kgf・m(3500rpm)
燃料タンク14L
動力駆動方式シャフト
燃料供給方式インジェクション
チェンジ(変速)リターン5速
ブレーキ(前)ディスク
ブレーキ(後)ドラム

シャドウ400カスタムはシャドウスラッシャーの後継アメリカンとなります。

パッと見た感じの見た目は非常によく似ているのですが、じっくり確認すると結構違います。具体的な違いとしては、21インチフロントタイヤ(以前は19インチ)・インジェクション・シャフトドライブ・フェンダー・フロントブレーキが左右逆・エアクリーナー・マフラー、簡単にわかるところはこんな感じで違います。

 

シャドウ400カスタムのこれまでの歴史・現状人気度・プレミア度

現状人気:
プレミア度:

シャドウ400カスタムは、2008年にホンダより生産販売されたアメリカンバイクです。

見た目はクラシックなタイプではなく、フェンダーなども前後ショートになっており、スポーティーな感じのアメリカンです。

スマートで非常にかっこいいと個人的には思いますが、アメリカンモデルの中の人気としてはライバルのドラッグスターなどと比較すると、少々下火になるようです。

単純な見た目の好みもあるかもしれませんが、装備のことで言うのなら、リヤサスの数・エンジンの型も関係してくるように思います。

ドラッグスターはリヤサスがリジット風で1本。エンジンは空冷。

それに対してシャドウ400カスタムはリヤサスが2本で目立つ感じ。エンジンは水冷。

どちらもよいバイクですが、ややスッキリした感じのサス・スタイル・荒々しい空冷エンジンの方を好む人の方が世間では多いようです。

シャドウ400カスタムは全体的に生産台数もそこまで多くなく、生産も終了していることからプレミア度も上がったように見えますが、人気自体がそこまで高くなく、まだ生産終了して新しい車種であることからプレミア度は低い傾向にあるかと思います。

 

シャドウ400カスタムに関連が近いバイクの相場情報

 

 

バイクが高く売れる買取店ランキング

バイク買取店・バイク買取優良業者ランキング

全国のバイク店で
高く買取してくれる店
無料ネット査定店
バイク買取業者ランキングをご紹介

© 2021 バイクの買取金額の最新目安をリアルに紹介!【バイカカク】